戦国医学書に63種のハラノムシ 

画像をクリックすると拡大します。

オススメ

書籍 九州国立博物館蔵『針聞書』虫の知らせ

発行 ジェイ・キャスト
判型 B5判 64ページ
ISBN 978-4-903888-00-2

商品コード: JC09120001
一般価格(税込): 1,296 円
会員価格(税込): 1,166 円
個数
送料:309円
※他商品と同時購入の場合ご注文の商品中の一番高い送料1回分のみで全て配送
※1回のお買い物で5万円以上お買い上げの場合送料無料
発送日目安:1週間以内

400年の眠りから這い出した虫たち

戦国時代に活躍したある鍼立(鍼灸師)が記した医学書がある。
現在、九州国立博物館で『針聞書(はりききがき)』として、展示されている珍本だ。
そこには、奇妙なハラノムシが63種登場する。
本書では、『針聞書』に描かれたハラノムシのユーモラスな表情を紹介し、それを育んだ日本人独特の精神性、鍼治療と虫との関係をひも解く。
“ 疳(かん)の虫”や“虫の知らせ”といった表現にあるように、ひょっとすると、今も私たちの体の中で息を潜めて棲んでいるのかもしれない。

詳しくは、専用サイトをご覧ください。

虫の知らせ動画はコチラ

書籍 九州国立博物館蔵『針聞書』虫の知らせ

書籍 九州国立博物館蔵『針聞書』虫の知らせ

一般価格(税込): 1,296 円
会員価格(税込): 1,166 円
個数
送料:309円
※他商品と同時購入の場合ご注文の商品中の一番高い送料1回分のみで全て配送
※1回のお買い物で5万円以上お買い上げの場合送料無料
発送日目安:1週間以内
ニュースショップトップへ >>

商品カテゴリ

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
このページのトップへ