九州国立博物館蔵 「針書聞(はりがきぎき)」虫の知らせ 400年の眠りから這い出した虫たちの知恵と文化のナレッジ本

戦国時代の日本、虫は病の元凶であった

『針聞書』
ある鍼立師による書物をひとたび開けば
それはそれは奇妙なハラノムシが踊りだす

ハラノムシたちは
400年の眠りから這い出して
臨床秘伝を語り始めた


イラスト:茂利勝彦

 ご注文   利用規約 - 個人情報保護方針 - 特定商取引法に基づく表示 - よくある質問 - お問い合わせ
Copyright (c) J-CAST Co.,Ltd. 2007. All rights reserved.